【No.154】センター2針の美学

皆さん、こんにちは。ジン・デポ 渋谷の小出です。
いつもブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

 

ジン・デポ渋谷のスタッフをご紹介しますね。
シュウシンさん(左)と廣瀬さん(右)です。どうぞよろしくお願い致します。

 

今日は、ジンのラインナップのなかでクラシック・タイムピースに位置付けられるモデル1739.ST.I.Sをご紹介します。

 

 

〈オススメ!その1〉センター2針のクラシック・スタイル

直径39mmのこのモデルには秒針はありません。長短針のセンター2針です。とてもユニークなフォルムの針は、魅力的なデザイン要素をスタイリッシュにアレンジしています。

 

〈オススメ!その2〉サンレイ仕上げの文字盤

サンレイ(Sunlay=太陽光線)仕上げとは、文字盤の中心から放射線状の細かい彫り(筋目模様)が施され、光の入り方によって美しい放射線状の模様が表れます。サンバースト仕上げとも言われています。放射線状に輝くブラックの文字盤は本当に美しいです。

 

 

 

〈オススメ!その3〉立体的なインデックスとSinnのロゴ

ブラック文字盤に半分浮いたように取り付けられた立体的なアプライドインデックスと立体的なSinnのロゴマークが特徴的です。これらは手作業により一つひとつ丁寧に取り付けられています。

 

 

 

〈オススメ!その4〉ポリッシュケースとサファイアガラス

快適な着け心地の直径39mmのケースはポリッシュ仕上げになっており、絶妙な光沢で輝いています。また、ゆるやかにカーブした両面無反射コーティングを施した高品質なサファイアガラスが、この時計の壮大かつクラッシーな全体像を際立たせます。

 

 

〈オススメ!その5〉ハイグレード・ムーブメント

裏面も内側に無反射コーティングを施したサファイアガラスのシースルーバックを採用しています。機械式ムーブメントは、セリタ社のCal. SW300-1(自動巻/25石/28,800振動/42時間)を搭載しています。当然ジン社にてリファイン、チューンナップされており、正確に時を刻みます。

 

 

 

ミリタリーテイストの強いジンの時計ですが、このようなクラッシックなモデルも人気があります。過去のスタイルから厳選した要素を巧みに取り入れ、伝統的な感覚を表現しています。魅力的なデザインがスタイリッシュに散りばめられた特別なタイムピースです。まさにジャーマンエレガンスですね。

 

 

 

ジンの時計の詳細は、ジン・デポ渋谷までお問い合わせください。

TEL : 03-6416-0020

メールはコチラから

shibuya@sinn-depot.jp

 

 

Sinn DEPOT Onlineはコチラから

Sinn DEPOT Online

 

 

Sinn DEPOT Online YouTube のチャンネル登録も、どうぞよろしくお願い致します。

Sinn DEPOT Online YouTube

 

 

 
※このページからは全画面表示で視聴することができません。全画面表示で視聴なさりたい方は、直接Sinn DEPOT OnlineのYouTubeのサイトからご覧ください。
リンクはコチラ

 

 

 
※このページからは全画面表示で視聴することができません。全画面表示で視聴なさりたい方は、直接Sinn DEPOT OnlineのYouTubeのサイトからご覧ください。
リンクはコチラ

 

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大防止対策に関して】

ジン・デポ渋谷のスタッフは、マスクと手袋の着用、手洗い、手指のアルコール消毒の徹底、店舗内換気を行い、お客様の安全を最優先に心がけております。「ご入店時の手指のアルコール消毒」「店内でのマスクの着用」にご協力をお願い致します。

 

写真/Sinn Spezialuhren GmbH、Sinn DEPOT Shibuya

 

2021年8月22日/小出

シェアする