【No.151】コラムホイール・クロノグラフの910.SRSはフライバック搭載です!

皆さん、こんにちは。ジン・デポ 渋谷の小出です。
いつもブログをお読み頂き誠にありがとうございます。

今日はジンのクロノグラフの中でフライバック機能を搭載したモデル910 SRSをご紹介します。

 

〈ここが凄い!その1〉フライバック機能

通常のロノグラフの操作は、スタート(上ボタン)→ストップ(上ボタン)→リセット(下ボタン)→リスタート(上ボタン)です。最初にスタートを押してから再計測を始めるには、プッシュボタンを3回押さなければなりません。フライバック搭載のクロノグラフの再計測の場合は、スタート(上ボタン)→リスタート(下ボタン)でプッシュボタンは1回押すだけです。ストップ→リセットが省かれるのです。フライバック機能は第二次世界大戦時にはすでに軍用時計として空軍パイロットに採用されており、何度もプッシュボタンを押さずに再計測が必要な場面で、1回の操作で瞬時に行う必要があったからです。※SRSはストップ、リターン、スタートの略です。

 

 

〈ここが凄い!その2〉コラムホイール搭載

ムーブメントはETA社のCal.7750 Flyback(自動巻/31石/28,800振動/パワーリザーブ48時間)を採用しています。コラムホイール搭載です。

コラムホイール式は、かつては高級クロノグラフに搭載されている場合が多かったです。風車のような形の円柱状のパーツが一方向に回転し、クロノグラフのスタート、ストップ、リセットの動作を精密に制御します。そしてクロノグラフにおいて大切なブレーキ機能が備わっています。ブレーキ機能がないと、衝撃が加わった場合に針が動いてしまいます。複雑な構造のコラムホイールは、金属を削り出して作られるため、手間がかかり高コストになります。

 

 

カム式は、上作動カムと下作動カムの2つのパーツでできており、それらが往復運動を行うことにより、スタート、ストップ、リセットの一連の動作が制御されています。しかし、かつてはカム式にはブレーキ機能がありませんでした。その分、構造が簡略化されパーツも金属プレスされ、低コストで大量生産できたのです。1970年代初頭にはブレーキ機能が備わりましたので、現在ではコラムホイール式と機能において遜色はありません。

※下の写真はカム式の103.B.SA.AUTOのムーブメントです。

 

 

〈ここが凄い!その3〉二重タキメーター

タキメーターはクロノグラフの腕時計に搭載された機能で、1kmを何秒で走行したかによって、その区間の平均時速が分かります。1kmを30秒で走行した場合は、スケールに記されている120(Km)が平均時速になります。このモデルは二重タキメーターになっていますので、1kmを1分30秒で走行した場合は赤色の40(km)になります。30分積算計の1分が赤色になっているのも二重タキメーターによるものです。ちなみにタキ(Tachy)」とは速いという意味の接頭語です。

 

 

〈ここが凄い!その4〉アイボリーカラーの美しい文字盤

フライバックとコラムホイールも凄いですが、僕が一番気に入ったのはこのアイボリーカラーの美しい文字盤です。さらには立体的で視認性の良いアプライドインデックスとSinnのロゴ、上下2つのカウンターリングの磨かれた光沢のある縁取りは、この時計の高い品質と美しさを強調しています。また風防は両面無反射サファイアクリスタルです。

時計ケースの仕上げは、リュウズの上部とラグの間はポリッシュ仕上げ、側面はサテン仕上げになっており、そのコンビネーションはとても美しいです。

 

 

〈ここが凄い!その5〉ドイツ工業規格に準拠

910.SRSは、腕時計に定められた厳格なドイツ工業規格(DIN)に基づき製作されています。

 

(1)耐衝撃性能は DIN ISO 1413(旧 DIN 8308)
1mの高さから木のボードに落下させる衝撃への耐性。

(2)耐磁性能は DIN 8309
4,800A/mの磁気への耐性。

(3)耐水性能は DIN 8310
時計ケースの耐圧試験および防水試験の項目は多岐にわたり、現行のジンの時計に3気圧(30m)防水いわゆる生活防水はなく、最低10気圧(100m)防水を保証。

 

さらにSINNテクノロジーとして、D3システムを採用したリューズ(非ねじ込み式)とプッシュボタンを採用しています。二重のパッキンで時計ケースに隙間なく取り付けているため、高い密封性が得られています。

 

 

コラムホイール・クロノグラフでしかもフライバック搭載の910.SRSは、その機能はさることながら、アイボリーカラーの文字盤がとても美しく女性にも人気のあるモデルとなっています。

 

 

ジンの時計の詳細は、ジン・デポ渋谷までお問い合わせください。

TEL : 03-6416-0020

メールはコチラから

shibuya@sinn-depot.jp

 

 

Sinn DEPOT Onlineはコチラから

Sinn DEPOT Online

 

 

Sinn DEPOT Online YouTube のチャンネル登録も、どうぞよろしくお願い致します。

Sinn DEPOT Online YouTube

 

 

 
※このページからは全画面表示で視聴することができません。全画面表示で視聴なさりたい方は、直接Sinn DEPOT OnlineのYouTubeのサイトからご覧ください。
リンクはコチラ

 

 

【新型コロナウイルス感染拡大防止対策に関して】

ジン・デポ渋谷のスタッフは、マスクと手袋の着用、手洗い、手指のアルコール消毒の徹底、店舗内換気を行い、お客様の安全を最優先に心がけております。「ご入店時の手指のアルコール消毒」「店内でのマスクの着用」にご協力をお願い致します。

 

写真/Sinn Spezialuhren GmbH、Sinn DEPOT Shibuya

 

2021年8月12日/小出

シェアする